qrcode.png
http://akita-shirakami.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
339030
 

個人情報保護方針

   
あきた白神農業協同組合個人情報保護方針
 (平成17年4月1日制定)
(平成27年10月5日最終改定)

 あきた白神農業協同組合(以下「当組合」といいます。)は、組合員・利用者等の皆様の個人情報を正しく取扱うことが当組合の事業活動の基本であり社会的責務であることを認識し、以下の方針を遵守することを誓約します。

1.関連法令等の遵守
 
当組合は、個人情報を適正に取扱うために、「個人情報の保護に関する法律」(以下「保護法」といいます。)その他、個人情報保護に関する関係諸法令および農林水産大臣をはじめ主務大臣のガイドライン等に定められた義務を誠実に遵守します。
 
個人情報とは、保護法第2条第1項に規定する、生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別できるものをいい、以下も同様とします。
 
また、当組合は、特定個人情報を適正に取扱うために、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号法」といいます。)その他、特定個人情報の適正な取扱いに関する関係諸法令およびガイドライン等に定められた義務を誠実に遵守します。
 
特定個人情報とは、番号法2条第8項に規定する、個人番号をその内容に含む個人情報をいい、以下も同様とします。

2.利用目的
 
当組合は、個人情報の取扱いにおいて、利用目的をできる限り特定したうえ、あらかじめご本人の同意を得た場合および法令により例外として扱われるべき場合を除き、その利用目的の達成に必要な範囲内でのみ個人情報を利用します。ただし、特定個人情報においては、利用目的を特定し、ご本人の同意の有無に関わらず、利用目的の範囲を超えた利用は行いません。
 
ご本人とは、個人情報によって識別される特定の個人をいい、以下も同様とします。
 
利用目的は、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめ公表するか、取得後速やかにご本人に通知し、または公表します。ただし、ご本人から直接書面で取得する場合には、あらかじめ明示します。

3.適正取得
 
当組合は、個人情報を取得する際、適正かつ適法な手段で取得いたします。

4.安全管理措置
 
当組合は、取扱う個人データ及び特定個人情報を利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つよう努め、また安全管理のために必要・適切な措置を講じ従業者および委託先を適正に監督します。
 
個人データとは、保護法第2条第4項が規定する、個人情報データベース等(保護法第2条第2項)を構成する個人情報をいい、以下同様とします。

5.第三者提供の制限
 
当組合は、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人データを第三者に提供しません。
 
また、当組合は、番号法19 条各号により例外として扱われるべき場合を除き、ご本人の同意の有無に関わらず、特定個人情報を第三者に提供しません。

6.機微(センシティブ)情報の取り扱い
 
当組合は、ご本人の機微(センシティブ)情報(政治的見解、信教、労働組合への加盟、人種・民族、門地・本籍地、保健医療等に関する情報)については、法令等に基づく場合や業務遂行上必要な範囲においてご本人の同意をいただいた場合等を除き、取得・利用・第三者提供はいたしません。

7.開示・訂正等
 
当組合は、保有個人データにつき、法令に基づきご本人からの開示、訂正等に応じます。
 
保有個人データとは、保護法第2条第5項に規定するデータをいいます。

8.苦情窓口
 
当組合は、個人情報につき、ご本人からの苦情に対し迅速かつ適切に取り組み、そのための内部体制の整備に努めます。

9.継続的改善
 当組合は、個人情報について、適正な内部監査を実施するなどして、本保護方針の継続的な改善に努めます。

以 上
   

◆◆個人情報保護方針メニューについて◆◆
この「個人情報保護方針」のページは、個人情報を取り扱ううえで最低限必要なウェブサイトの管理者の姿勢を宣言するものです。

わたしたちの暮らす社会が高度に情報化していくとともに、個人情報(※1)をデータとして手元に保有することは以前に比べはるかに容易になりました。しかしそれとともに、プライバシー侵害に対する危険性や個人情報そのものの取り扱われ方に対する不安も、増大していったのはご存知かと思います。

そうした中、2005年からの個人情報保護法施行により、5000件以上の個人情報をデータベース(これはPCのデータだけでなく帳簿・台帳なども含まれます)として所持し事業に用いている事業者は“個人情報取扱事業者”とされ、それらが個人情報を漏らした場合や、主務大臣への報告義務等の適切な対処を行わなかった場合は、刑事罰が科されることとなりました。

この「個人情報取扱事業者」は、営利法人ばかりでなく非営利法人も該当しますが、一般の個人は原則的に対象外となっています。それでも、個人事業主等で上に挙げた定義に該当する方は、同法の対象となります。

個人情報保護法第4章第1節には、個人情報取扱事業者の主な義務が記されています。

●個人情報について
利用目的の特定・制限(15条、16条)、適正な取得(17条)、取得に際しての利用目的の通知(18条)及び苦情の処理(31条)
●個人データについて
データ内容の正確性の確保(19条)、安全管理措置や従業者・委託先の監督(20条 - 22条)、第三者提供の制限(23条)
●保有個人データについて
事項の公表等(24条)、開示(25条)、訂正等(26条)、利用停止等(27条)

(※1)個人情報とは、生存する個人の情報であって、特定の個人を識別できる情報(氏名、生年月日等)を指します。これには、他の情報と容易に照合することができることによって特定の個人を識別することができる情報(学生名簿等と照合することで個人を特定できるような学籍番号等)も含まれます(2条1項)。

(※2)個人情報を含む、コンピュータ等で容易に検索できるデータベースや、目次や索引等によって体系的に整理された紙のデータベース等を指します。未整理の紙のデータ等は該当しません(2条2項)。なお、個人情報データベース等を構成する個人情報を指して“個人データ”といい、さらに、個人情報取扱事業者が開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する個人データのことを“保有個人データ”といいます(2条5項)。


■参考:【内閣府】個人情報保護法トップページ


ホームページ公開時には、こちらの文章は削除してくださいますようお願いいたします。

◆◆使用しているコンテンツタイプ◆◆
1.
文章+タイトル

   
お問い合わせ

個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、下記窓口にて受け付けております。

【個人情報取扱い窓口】
≪あきた白神農業協同組合≫
〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648

あきた白神農業協同組合
秋田県能代市富町2番3号
TEL.0185-52-5191
FAX.0185-52-9648
Email:jaakitashirakami
       @shirakami.or.jp
─────────────
◆白神山地について
白神山地は秋田・青森県境にまたがる世界第1級のブナの原生林です。

平成5年12月、日本ではじめてユネスコの「世界自然遺産」に登録されました。ブナの落ち葉は腐葉土となり、豊かな森をはぐくみ、そこから流れ出る川は大地を潤し、私たちに四季折々の恩恵をもたらしてくれます。

<<あきた白神農業協同組合>> 〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648