qrcode.png
http://akita-shirakami.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
352952
㈱ジェイエイ山本葬祭センター
 

今月のニュース

 
フォーム
 
超神ネイガーによる交通安全教室を開催
2017-11-27
 JA共済連秋田が主催する超神ネイガー交通安全教室が、10月5日、認定こども園能代南幼稚園で開かれ、参加した園児約35人は秋田県のご当地ヒーローから正しい交通ルールを学びました。この交通安全教室は、JA共済連秋田と県内各JAが幼児の交通事故を防ごうと各地で開催しています。
 教室では、①車道の近くで遊ばないこと・②車道を渡る際は横断歩道を利用すること・③渡る前に車が来ないか、必ず左右の確認をすることの3点について、ネイガーや交通ルルちゃんらがショーを交えて分かりやすく解説しました。最後は、全員で交通安全体操を踊り、会場は大いに盛り上がりました。
 
風の松原で健康づくり
2017-11-27
 JAあきた白神では健康寿命100歳プロジェクトの一環として、10月22日、風の松原でノルディックウォーキングを開催し、管内外から約20人が参加しました。
 当日は、白神ノルディックウォーキング倶楽部会長の佐々木昇氏がウォーキング指導や風の松原の案内を行い、約5㎞の道のりを歩きました。ノルディックウォーキングは普通のウォーキングとは違い、ポールを使用するので体全体を動かす運動になるだけでなく、膝などにかかる負担も軽減されるため参加者からは「体全体を使って歩いている感じがした。他の方とも話ができ、楽しく汗を流せました」といった声が聞かれました。
 
上位入賞を目指し競い合う
2017-11-27
 JAバンクあきたが主催する第5回グラウンドゴルフ大会が、10月17日に潟上市グラウンドゴルフ場で開催されました。
 当JAからは、7月に大潟村で行われたグラウンドゴルフ大会の上位10名が参加し、県内各地区の年金友の会会員総勢184人が、元気にグラウンドゴルフを楽しみました。当日は快晴でスポーツ日和となり、参加者は熱戦を繰り広げ長短さまざまなコースで次々とナイスショットを披露しました。大会では、二ツ井地区の淡路弘毅さんが8位入賞を果たしました。参加者はスポーツの秋、グランドゴルフを通じて親睦を深めました。
 
「米づくりの大変さがわかった」小学生が稲刈り体験
2017-11-27
 青年部二ツ井支部は食農教育の一環として、能代市立二ツ井小学校5年生の児童39人を対象に、10月17日、稲刈り体験学習を実施しました。
 はじめに、JA職員が鎌の使い方や稲の刈り方を説明。その後、2人1組で稲を刈る役と脱穀機まで運ぶ役に分かれて作業を行いました。児童らは、たわわに実った稲を手際よく刈り取り、約5aの面積から「あきたこまち」を収穫しました。収穫作業後は「今はほとんどが機械で刈り取っていると思うが、昔のやり方を知ることができた」、「米づくりはとても大変だということがわかった」といった感想が聞かれました。
 
新米の特価販売に長蛇の列
2017-11-27
 安全・安心なJAの新米を、いち早く消費者へ提供しようと、10月15日にみょうが館特設会場で新米直売会を開催しました。
 今年は、収穫期の長雨の影響で昨年より約2週間遅れての開催となりましたが、開催時間になると、購入を待ちわびていた消費者が列を作り、自宅用や知人、親類に送る購入客で賑わいました。販売は購入者の車に職員が米袋を運ぶ、ドライブスルー方式で対応し、次から次へと職員が車に積んでいきました。この日は、あきたこまちの玄米1袋(30㎏)を8,300円で販売し、新米約450袋が購入され大盛況の直売会となりました。

あきた白神農業協同組合
秋田県能代市富町2番3号
TEL.0185-52-5191
FAX.0185-52-9648
Email:jaakitashirakami
       @shirakami.or.jp
─────────────
◆白神山地について
白神山地は秋田・青森県境にまたがる世界第1級のブナの原生林です。

平成5年12月、日本ではじめてユネスコの「世界自然遺産」に登録されました。ブナの落ち葉は腐葉土となり、豊かな森をはぐくみ、そこから流れ出る川は大地を潤し、私たちに四季折々の恩恵をもたらしてくれます。

<<あきた白神農業協同組合>> 〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648