qrcode.png
http://akita-shirakami.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
366959
㈱ジェイエイ山本葬祭センター
 

今月のニュース

 
フォーム
 
強盗事件を想定し防犯訓練を実施
2016-01-12
 金銭の出し入れが多くなる年末を迎えるにあたり、非常時の対応・役割分担等を確認するため12月9日、本店にて、能代警察署と協力のもと、防犯訓練を行いました。
 訓練では、犯人役の警察署員が拳銃を持って職員を脅し、現金を要求する形で実施され、迫真の演技に圧倒されながらも、全職員冷静な対応をすることができ、犯人の特徴を覚え、カラーボールを逃走車両に投げるなど、各々の役割を果たしました。また、「特殊詐欺」の防止訓練も行われ、窓口対応の女性職員が「お話を聞かせてください」と声を掛け、上司への相談や、警察官を呼ぶなどの適切な対応がとられました。
 
法令を順守した事業活動に取り組む
2016-01-12
 個人情報管理の徹底や重要性について理解を深め、コンプライアンスの確立、不祥事を起こさない、起こさせない職場風土づくりを目的に、JAは全職員を対象としたコンプライアンス研修会を実施しました。
 研修会では、「不祥事の状況とコンプライアンス」、「パワーハラスメント防止」についてJAから説明されたほか、農林中央金庫の近江常彦さんを講師に『JAの個人情報保護と守秘義務』について研修が行われました。参加者は「研修を受けてコミュニケーションの重要性が認識できました。不祥事防止へ向け形だけの取り組みにならないよう、コンプライアンス遵守に努めていきたい」と話しました。
 
次年度の栽培や良食味米として有利販売へつなげる
2016-01-12
 稲作部会(堀内直富久部会長)は12月9日、JAあきた白神本店にて「あきたこまち食味コンテスト2015」を開催し、組合長をはじめ地域振興局農林部や能代市、藤里町職員、青年部や女性部ら13名が審査員を努め、一般家庭でも使用されている炊飯器で炊いた米を食べ比べました。
 このコンテストは、当JA管内で栽培された米の品質を高め、良食味米として有利販売につなげようと今年初めて行われました。1次審査として11月下旬に生産者から提出された、お米のうま味や粘りなどを調べるために成分分析を行い、その中で高評価を得た5点がこの日の食味審査に進みました。「外観」「香り」「味」「粘り」「硬さ」の5項目とし、米の輝きや白さ、つや、甘み、歯応えなどを実際に味わいながら審査をしました。
 審査された5点の米は、年明けにJAあきた白神独自の良食味米として、地域で限定発売される予定で、今後価格や販売量などを検討していきます。佐藤組合長は「今後もこのコンテスト続けることで、生産者の栽培技術向上につながると思う。また、地域の方々にも、丹精込めて作ったこのおいしいお米を、ぜひ食べてもらいたい」と話しました。
 
管内の3地域で廃プラスチック回収を実施
2016-01-12
 ビニールや肥料袋などの農業用廃プラスチックを回収し、JAが代行処理申請を行う取組みが12月5日、各営農センターで行われました。
 この廃プラ回収は、環境保全と不法投棄を防ぎ、使用済みの廃プラ類を適正処理するための手助けとして、年数回行われています。当日は、JA青年部員やJA職員ら6名が農家からの処理委託に対応しました。営農センターには、廃プラスチックを積んだトラックが次々と訪れ、全体で46名、約6,3tが処理委託されました。利用者からは、「JAが私たちの代わりに廃棄処理をやってくれるので非常に助かっています。」と喜んでいました。
 
平成27年度トマト出荷実績検討会を開催
2016-01-12
 園芸部会(畑山悦雄部会長)による、平成27年度トマト出荷実績検討会が12月10日にプラザ都で開かれ、生産者やJA、地域振興局職員、市場関係者など約20名の参加のもと、今年度の栽培状況や出荷実績について協議されました。
 今年度は高温・干ばつの影響による出荷の早まりや、尻腐れ症状などの病害の発生が多く11月末実績で数量38,4t、金額12,343千円と目標には届きませんでした。しかし、秋田県立大学と共同で研究した「低段・多段試験栽培」の圃場では、収量が1~4割程度向上した結果となり次年度へ向けて、新たな栽培体系の検討もされました。

あきた白神農業協同組合
秋田県能代市富町2番3号
TEL.0185-52-5191
FAX.0185-52-9648
Email:jaakitashirakami
       @shirakami.or.jp
─────────────
◆白神山地について
白神山地は秋田・青森県境にまたがる世界第1級のブナの原生林です。

平成5年12月、日本ではじめてユネスコの「世界自然遺産」に登録されました。ブナの落ち葉は腐葉土となり、豊かな森をはぐくみ、そこから流れ出る川は大地を潤し、私たちに四季折々の恩恵をもたらしてくれます。

<<あきた白神農業協同組合>> 〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648