qrcode.png
http://akita-shirakami.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
340089
 

今月のニュース

 
フォーム
 
優良種子で高品質米の生産を
2017-04-25
 秋田県うまい米づくり運動本部と秋田県産米改良協会は3月28日、平成28年度「あきた売れる米づくりランクアップ運動」並びに第25回秋田県優良水稲種子生産共励会を秋田県JAビルで開き、ランクアップ運動で当JAが優秀賞、共励会では大髙晃さん(荷八田)が秋田県産米改良協会会長賞の優秀賞と秋田県知事賞を受賞しました。
 ランクアップ運動は、売れる米づくり対策、販売に大きな影響を与える品質・食味の向上に重点をおいて、平成27年度から実施しており「種子更新率100%」「整粒歩合80%以上」等を目標に掲げています。また共励会は、優良種子に対する認識と生産技術を高め、秋田米の商品性向上と声価の高揚を目的に平成4年から毎年開催されています。 受賞した佐藤組合長は「青果物の生産振興に励んできた28年度だったが、年度終わりに基幹作物である稲作部門においても、これまでの指導・販売が評価され賞をいただくことができた。これからも地域農業の継続、発展に最大限努力していく」と話し、大髙さんは「優秀賞をいただいて、さらにやる気が出てきます。プレッシャーもありますが、さらに上を目指してこれからも優良種子の生産に励んでいきたい」と今後に向けて抱負を語ってくれました。
 
29年産米の生産数量目標を示す
2017-03-21
 平成29年度の農業政策を各地区の協同班長へ周知するため、2月23日に能代市文化会館と二ツ井町庁舎で農業協同班長会議が開催されました。
 このうち能代地区の会議には、約70人の協同班長が出席し、東北農政局や市の担当者から生産数量目標配分などについての説明を受けました。平成29年産米の生産数量目標は作付配分率56.0951%、転作率43.9049%となり、過剰在庫解消を狙いとして、27年産米から設定されている自主的取組目標の作付配分率は55.9434%となりました。また、営農計画書については、3月17日ま
でに班長か農業再生協議会事務局へ提出するよう呼び掛けました。
 
地域農業の未来を描く
2017-03-21
 地域農業のこれからをどのように描いていくかを生産者と協議するため、JAでは2月10日から各地区において地域営農ビジョン検討会を開きました。
 地域営農ビジョンとは、どのような産地を目指すか、誰が担い手となるのか、農地の効率的な集積や利用にどう取り組むのかなど、地域の抱える課題について共有し、検討委員会を立ち上げ作りあげた地域農業の将来像です。今回の検討会で出された意見などをもとに今後も検討を重ね、より効率的で収益性の高い農業への取り組み策を盛りこんだ地域営農ビジョンを完成させ、JAや行政等と連携し地域農業を支えていきます。
 
経営の「見える化」につなげる
2017-03-21
 農業収支記帳を行うことで、経営状況の把握や農業経営の改善につなげてもらおうと、JAでは2月1日に農業所得収支内訳書作成講習会を開催しました。
 申告時期を迎える時期に合わせ、毎年開催されている講習会には約70人が参加。JA秋田中央会の藤倉耕太さんを講師に招き、農業経営収支記帳と減価償却の計算などの説明が行われました。また、平成28年度分の確定申告から新たにマイナンバーの届け出が必要になるなど、参加者は説明を聞きながら、昨年との相違点を確認するとともに、収支記帳の重要性や今後の農業経営について考えを巡らせていました。
 
「いただきます」を考える
2017-03-21
 藤里支店では2月1日、藤里小学校5年生23名を対象に「食農食育授業」を開きました。これは、食物には命があること、そして、食事ができるまでにはたくさんの人が関わっていることを理解し、感謝の気持ちを持ってもらおうと開きました。
 生活課の武藤課長が講師となり、藤里町の農畜産物の紹介や現状、安全安心な食物を作るための生産者の取り組み、そして食糧自給率などについて授業を行いました。児童からは「食糧自給率を上げるように毎日いっぱいごはんを食べます」といった感想が聞かれ、「食」と「農」の大切さを改めて考え、理解を深めました。

あきた白神農業協同組合
秋田県能代市富町2番3号
TEL.0185-52-5191
FAX.0185-52-9648
Email:jaakitashirakami
       @shirakami.or.jp
─────────────
◆白神山地について
白神山地は秋田・青森県境にまたがる世界第1級のブナの原生林です。

平成5年12月、日本ではじめてユネスコの「世界自然遺産」に登録されました。ブナの落ち葉は腐葉土となり、豊かな森をはぐくみ、そこから流れ出る川は大地を潤し、私たちに四季折々の恩恵をもたらしてくれます。

<<あきた白神農業協同組合>> 〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648