qrcode.png
http://akita-shirakami.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
376107
㈱ジェイエイ山本葬祭センター
 

今月のニュース

 
フォーム
 
強盗・特殊詐欺を想定し防犯訓練を実施
2019-01-04
 金銭の出し入れが多くなる年末を迎えるにあたり、非常時の対応・役割分担等を確認するため12月11日、藤里支店において防犯訓練を行いました。
 能代警察署の協力のもと行われた訓練では、犯人役の警察署員が拳銃を持って職員を脅し、現金を要求する形で実施され、迫真の演技に圧倒されながらも、犯人の特徴や逃げた方角を覚えるなど、防犯マニュアルに沿った各々の役割を果たしました。また、「特殊詐欺」の防止訓練も行われ、高額を現金で引き出しに来たお客様役に対し、窓口職員が詐欺の可能性を確認して警察に連絡するなどして被害を水際で防ぐ手順を確認しました。
 
窓口対応力の向上を図る
2019-01-04
 全県スマイルサポーターロールプレイングコンテストが秋田市で開かれ、県内JAから10人の窓口担当者が接客技術を競いました。
 事前に行われた予選会を突破した、本店共済課の袴田郁実さんが当JAの代表として出場し、自動車共済の継続時のグレード
アップをテーマにロープレが行われました。惜しくも入賞なりませんでしたが、袴田さんは笑顔でわかりやすい説明をしました。コンテストを終え袴田さんは「他JAのロープレを見ることができとても参考になった。今回の経験を活かし、ひとりでも多くのお客様に安心を届けることができるよう努めていきます」と話してくれました。
 
法令を順守し信頼・信用されるJAへ
2019-01-04
 個人情報管理の重要性について理解を深め、コンプライアンスの確立、不祥事を起こさない、起こさせない職場環境づくりを目的に12月4日、全職員を対象としたコンプライアンス研修会を開きました。
 はじめに、佐藤組合長が「法律と常識を守ることで私たちは社会的貢献を果たしている。この研修でコンプライアンスについて学び、全役職員が同じ気持ちで、不祥事が絶対起きないようにしてもらいたい」とあいさつ。その後の研修会では「不祥事の状況とコンプライアンス」についてJAから説明されたほか、「パワーハラスメント防止」、「独占禁止法の遵守に向けて」ではDVDで内容を学びました。
 
作業の効率化・労力軽減で面積拡大を図る
2019-01-04
 管内の若手生産者4人がきゃべつの園芸団地化に向けて、全農から収穫機をリースし、加工用きゃべつの収穫が始まる11月中旬から活用しています。
 加工用きゃべつは外食や中食の普及によって需要が伸びているほか、契約出荷で収入が安定しているため、今後JAでは園芸団地化を目指しています。従来は包丁を使って手作業で行う収穫作業を機械化することで、労力軽減そして面積拡大が期待できます。今回、収穫機を使用した山谷真さん(能代市築法師)は「操作に慣れてしまえば作業が早く進む。腰を曲げることもなくなるので負担も少なくなるのでは」と収穫機の性能に理解を深めていました。
 
秋田米フォーラム2018で表彰を受ける
2019-01-04
 秋田米フォーラム2018が12月6日に秋田市で開かれ、県やJA、生産者など約150人が参加しました。このフォーラムは、高品質・良食味米生産の取り組みを促進するために開かれているものです。
 フォーラムの中で、2018年産米「美味しい“あきたこまち”コンテスト」の表彰式が行われ、当JA管内からは安井鐘悦さん(能代市二ツ井町梅内)が優良賞を受賞しました。コンテストで優秀な成績を収めた生産者の栽培方法の事例は県域で共有することになります。このほか、「ブランド米戦国時代~秋田の新品種に期待すること」と題して講演も行われました。

あきた白神農業協同組合
秋田県能代市富町2番3号
TEL.0185-52-5191
FAX.0185-52-9648
Email:jaakitashirakami
       @shirakami.or.jp
─────────────
◆白神山地について
白神山地は秋田・青森県境にまたがる世界第1級のブナの原生林です。

平成5年12月、日本ではじめてユネスコの「世界自然遺産」に登録されました。ブナの落ち葉は腐葉土となり、豊かな森をはぐくみ、そこから流れ出る川は大地を潤し、私たちに四季折々の恩恵をもたらしてくれます。

<<あきた白神農業協同組合>> 〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648