qrcode.png
http://akita-shirakami.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
355224
㈱ジェイエイ山本葬祭センター
 

今月のニュース

 
フォーム
 
売れる米づくりランクアップ運動で優良賞を受賞
2018-04-24
 秋田県うまい米づくり運動本部と秋田県産米改良協会は3月28日、平成29年度「あきた売れる米づくりランクアップ運動」並びに第26回秋田県優良水稲種子生産共励会を秋田県JAビルで開き、ランクアップ運動で当JAが優良賞を受賞しました。
 この運動は、売れる米づくり対策、販売に大きな影響を与える品質・食味の向上に重点をおいて、「種子更新率100%」、「整粒歩合80%以上」等を目標に掲げています。受賞した佐藤組合長は「基幹作物である稲作部門で、これまでの指導・販売が評価された。これからも地域農業の継続、発展に最大限努力していく」と話しました。
 
廃プラスチックを回収し適正処理へ
2018-04-24
 ビニールや肥料袋などの農業用廃プラスチックを回収し、JAが代行処理申請を行う取組みが3月31日、JAの各営農センターで行われました。
 この廃プラ回収は、環境保全と不法投棄を防ぎ、農家が廃プラ類を適正処理するための手助けとして、年3回行う計画となっております。当日は、JA職員が農家からの処理委託に対応し、営農センターには廃プラスチックを積んだトラックが次々と訪れました。職員らは、多くの古ビニールや使用しなくなった苗箱などを計量機に運び、全営農センターで30人の利用があり、約3.0tが処理委託されました。
 
安定した品質・集荷数量の確保を目指す
2018-04-24
 大豆生産組合(高橋信男組合長)による臨時総会並びに実績検討会が3月16日に開かれ、生産者ら約35人が参加しました。
 臨時総会では29年度事業報告や30年度計画、役員改選などについて協議をし、それぞれ承認されました。役員改選では新組合長に大塚忠之さん(河戸川)、副組合長には工藤金義さん(比八田)、大倉英和さん(藤切台)が選任されました。また、新たに1個人、1団体が組合員に加入し、さらなる産地拡大が期待されます。実績検討会では大粒・等級比率の実績や今年度の対策などが説明され、集中豪雨等への対応として明渠・暗渠等による排水対策の徹底などが呼び掛けられました。
 
店頭販売で旬の「白神山うど」を味わってもらう
2018-04-24
 山うど部会(桜田和浩部会長)は3月3日、「白神山うど」の販売促進キャンペーンを秋田市と潟上市のスーパー3店舗で行いました。キャンペーンには部会員やJA職員、ミスフレッシュが参加し、店頭にて「白神山うどスティック」などの試食会を行いPRしました。
 当管内の山うどは県内随一の産地として、県内の量販店をはじめ関東、札幌、大阪など各市場に出荷されており、生産者で構成される山うど部会も、年に数回、県内外のスーパーなどで販促活動に取り組み、消費拡大を図っています。販売額1億2500万円の達成を目指し、白神山うどの出荷は4月中旬まで続きます。
 
春作業へ向けて新型農機具がずらり
2018-04-24
 JAあきた白神主催による「農業機械展示会」が3月22日と23日、カントリーエレベーター特設会場で開かれ、2日間で約230人の来場者で賑わいました。
 会場にはメーカーごとに田植機やトラクター、播種機等を多数展示。来場者はJA職員や各メーカー担当者の説明を熱心に聞きながら、農機具の性能を確認していました。また、農作業安全講習会も行われ、農業機械の点検や手入れの方法、そして安全に使用するための留意点が説明されました。担当者からは「機械はより安全に使用できるようになってきているが、事故の無いよう安全に留意して農作業に励んでもらいたい」と呼び掛けました。

あきた白神農業協同組合
秋田県能代市富町2番3号
TEL.0185-52-5191
FAX.0185-52-9648
Email:jaakitashirakami
       @shirakami.or.jp
─────────────
◆白神山地について
白神山地は秋田・青森県境にまたがる世界第1級のブナの原生林です。

平成5年12月、日本ではじめてユネスコの「世界自然遺産」に登録されました。ブナの落ち葉は腐葉土となり、豊かな森をはぐくみ、そこから流れ出る川は大地を潤し、私たちに四季折々の恩恵をもたらしてくれます。

<<あきた白神農業協同組合>> 〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648