qrcode.png
http://akita-shirakami.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
373000
㈱ジェイエイ山本葬祭センター
 

今月のニュース

 
フォーム
 
販売額が過去最高の4,000万円を突破
2019-02-26
 りんどう部会(菊地昇一部会長)は1月11日、りんどう部会実績検討会を開き、生産者やJA、市場関係者など約30人が参加し栽培状況や販売実績などを確認しました。
 今年度の販売実績は数量44.77t(前年比112.5%)、販売額4,174万円(同111.0%)となり、目標には届かなかったものの、数量、販売額ともに前年を上回る実績となりました。市場関係者からは「品質の個人差があるので、収穫後の管理の徹底をしてもらいたい。品質の統一化により白神りんどうの販売額がさらに伸びるはず」と期待を寄せていました。
 
出荷最盛期を前に目揃会を開く
2019-02-26
 山うど部会(桜田和浩部会長)は1月10日、平成30年度山うど出荷目揃会を開き、出荷本番を迎える山うどの規格等を確認しました。
 目揃会には生産者やJA、市場関係者ら約30人が参加。桜田部会長は「出荷が始まり例年通りの単価が付いている。この目揃会で規格等をしっかり学び、高品質な白神山うどを出荷しもらいたい」とあいさつ。その後、JA担当者からは「伏せ込み床の排水対策をしっかり行い、無理な加温はしないで適切な温度管理を徹底してもらいたい」と今後の栽培の注意点を呼び掛けました。今年度は1億47万円の販売額を見込んでいます。
 
出荷規格の統一を確認
2019-02-26
 アスパラガス部会(大塚剛志部会長)は、促成アスパラガスの出荷に向けて、規格等を確認する目揃会を開きました。
 目揃会には生産者やJA、市場関係者ら約15人が参加。大塚部会長が「大雨や高温、台風で栽培に苦労した年だった。今後はハウス内での管理となるが、温度管理を徹底して良質なアスパラガスを出荷していこう」とあいさつ。その後、市場情勢等が報告され、東京シティ青果の担当者は「白神産は安定して出荷されている。単価を崩さないよう販売するので最後の1本まで出荷してもらいたい」と白神産アスパラガスの出荷を待ち望んでいました。
 
4年連続販売額10億円達成を祝う
2019-02-26
 「白神ねぎ」の4年連続10億円販売達成大会と実績検討会が1月24日に能代市で開かれ、10億円産地の確立を祝う
とともにさらなる生産拡大、ブランド力の向上に努めることを誓い合いました。大会には、生産者やJA、行政の関係者ら約140人が出席。大塚和浩部会長は「春の低温、夏の猛暑、その後の台風と厳しい栽培環境だったが、生産者の高い栽培技術によって高品質出荷が実現された。平成が始まった頃の販売額は1億円前後で、15億円産地になるとは思ってもいなかった。新年度も自然の恵み、大地の力、先輩から受け継いだ技術を最大限生かし、全国のトップブランドを目指す」、佐藤謙悦組合長は「市場関係者からも、白神ねぎの更なる安定供給に向けた生産拡大が求められてくる。これを契機に、更なる知名度向上と併せ、需要に応えられる量の確保を進め、産地の飛躍を期待する」とあいさつしました。
 1月末実績は、出荷量3770t、販売額14億8975万円、単価395円となっており、7~10月までの1㎏当たりの単価は400円を超える高値で推移しました。
 
気象変動に強い稲づくりを
2019-01-04
 あきたecoらいすの生産に向け、12月4日と5日に肥料・農薬レベルアップ研修会が能代市工業団地交流会館で開かれました。生産者ら約80人が参加し、次年度へ向けて栽培管理に理解を深めました。
 研修では、あきたecoらいす対応の稲作技術や次年度への対策、肥料・農薬の効果的な使用方法などについて各担当者が説明しました。このうち、あきたecoらいす対応の稲作技術では、地域振興局職員が「近年は天候の変動が激しく、それに耐えることができる土作りが必要。また、肥料の種類も多様化しているので、圃場条件や特性をよく理解することが大切」と呼び掛けました。

あきた白神農業協同組合
秋田県能代市富町2番3号
TEL.0185-52-5191
FAX.0185-52-9648
Email:jaakitashirakami
       @shirakami.or.jp
─────────────
◆白神山地について
白神山地は秋田・青森県境にまたがる世界第1級のブナの原生林です。

平成5年12月、日本ではじめてユネスコの「世界自然遺産」に登録されました。ブナの落ち葉は腐葉土となり、豊かな森をはぐくみ、そこから流れ出る川は大地を潤し、私たちに四季折々の恩恵をもたらしてくれます。

<<あきた白神農業協同組合>> 〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648