qrcode.png
http://akita-shirakami.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
373000
㈱ジェイエイ山本葬祭センター
 

今月のニュース

 
フォーム
 
観光キャンペーンに貢献
2019-03-18
 JR秋田支社(菊地正支社長)が昨年9月から11月に開いた「秋田県秋の大型観光キャンペーン」に貢献したとして、当JAに感謝状が贈呈されました。
 贈呈式には、同支社の菊地支社長ら4人が訪問。能代の「食」白神ねぎの農作業体験のオプショナルプラン商品化などに協力したとして、佐藤組合長に感謝状を手渡しました。佐藤組合長は「白神管内の農畜産物をPRするすばらしい機会をいただけた。今回、能代を訪れた方が、消費者として白神産を買い求めてくれるとありがたい。今後も協力していくので、このようなキャンペーンを行ってもらいたい」と話しました。
 
生産者自慢の白神山うどがずらり
2019-03-18
 収穫最盛期を迎えた山うどの出来を競う、第21回山うど共進会が2月19日に開かれ、桜田和浩さん(能代市二ツ井
町・切石)が最優秀賞の全農秋田県本部長賞に選ばれました。
 共進会には2Lが23点、3Lが10点の計33点が出展され、会場には生産者自慢の山うどがずらりと並びました。審査
基準は「肌の色」、「石附やハカマがしっかりついているか」、「生長点の長さが揃っているか」などで、市場関係者が厳しく審査をし、消費者に選ばれる商品であるかどうかを重視しています。
 今年度の山うどの生育について担当者は「今年度は芽数が多く、芽の大きさは小さい傾向にあったため、出荷されているものも例年より細物が多くなっているが、生産者の管理徹底により良質なものを収穫できている。今後は、日照時間が増えてくるので、ハウス内の温度管理を徹底し品質維持に努めてもらい、収穫の最後まで高品質な山うどの出荷を期待している」と話してくれました。

○最優秀賞:桜田 和浩さん(能代市二ツ井町・切 石)
○優秀賞:茂内美世子さん(能代市二ツ井町・鎌 谷)
     畑山 悦雄さん(能代市二ツ井町・外 面)
○奨励賞:藤田 清美さん(能代市二ツ井町・悪 戸)
     安保 伸広さん(藤 里 町・清水岱)
 
優良事例から新たな取組みについて学ぶ
2019-02-26
 LA(ライフアドバイザー)のスキルアップを図るために1月28日、全共連秋田県本部の松岡県北地区担当部長、JAかづの共済課の川村課長、JAあきた北共済部の田中副部長を講師に、LAスキルアップ研修会を開きました。
 研修会にはLA11人が参加し、講師が進行役となり「建更転換」、「新契約」、「ひと保障」の3つのテーマに分かれてグループワークを行いました。見込者選定や提案、フォロー活動など普段行っている内容について話し合い、自身の取り組みと他JAのLAの取り組みの違いについて学びました。今後の活動に向け参加者らは講師の話に熱心に耳を傾けていました。
 
次年度の栽培に向け講習会を開催
2019-02-26
 JAあきた白神青果物連絡協議会と能代市農業技術センターが主催する、冬期野菜栽培講習会が2月5日と6日の2日間、能代山本広域交流センターで開かれ、参加者らは野菜栽培知識や栽培管理について学びました。
 このうち、白神ねぎの「白神管内で栽培されている品種の特性」では、種苗会社の担当者が今年度の作況や多く発生した病害
虫などについて触れ「収穫適期を逃すと腐敗病などの病害が起こりやすくなる。播種計画をしっかり立てることで安定した出荷につながる」と述べました。質疑応答では効果的な防除方法などについて多く出され、次年度に向けた栽培のポイントを確認していました。
 
安全・安心な加工品出荷を
2019-02-26
 みょうが館では1月23日、みょうが館会員を対象に、食品表示の知識や漬物等加工食品の許認可制度などについて研修会を開きました。
 研修会には会員約25人が参加し、秋田県生活環境部生活センターと能代保健所の職員が講師となり説明を受けました。食品表示の知識では、現在の会員が商品に貼っている食品表示ラベルの修正案などが出され、表示しなければならない項目などを確認しました。また、漬物等加工食品の許認可制度では、HACCP(ハサップ)という食品の製造工程における品質管理システムについて学び、安全・安心な食品を提供するため、衛生管理の重要性を再確認しました。

あきた白神農業協同組合
秋田県能代市富町2番3号
TEL.0185-52-5191
FAX.0185-52-9648
Email:jaakitashirakami
       @shirakami.or.jp
─────────────
◆白神山地について
白神山地は秋田・青森県境にまたがる世界第1級のブナの原生林です。

平成5年12月、日本ではじめてユネスコの「世界自然遺産」に登録されました。ブナの落ち葉は腐葉土となり、豊かな森をはぐくみ、そこから流れ出る川は大地を潤し、私たちに四季折々の恩恵をもたらしてくれます。

<<あきた白神農業協同組合>> 〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648