qrcode.png
http://akita-shirakami.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
353889
㈱ジェイエイ山本葬祭センター
 

今月のニュース

 
フォーム
 
産地の維持・拡大に努める
2018-05-15
 山うど部会(桜田和浩部会長)による販売実績検討が4月13日に開かれ、部会員やJA、市場など約30人の参加のもと、市場情勢報告や販売実績などについて報告されました。
 桜田部会長は「生産者の減少が懸念されるが、伝統のあるこの部会を維持するために、山うどの魅力を伝え、新規栽培者獲得のために声を掛け合っていこう」とあいさつ。その後の情勢報告では、横浜丸中青果㈱の担当者が「春商材として山うどは欠かせない存在。これからは若い世代の需要拡大を図り、1円でも高く販売するよう努力していく」と力強く話し、部会員らは需要期の出荷の確保に向けて意思統一を図りました。
 
地域農業の発展に寄与する
2018-05-15
 青年部(伊藤達也部長)は4月6日に第20回通常総会を開催し、29年度事業報告や30年度事業計画について協議し、それぞれ承認されました。
 伊藤部長はあいさつで「先行きが不透明な時代と言われているが、言葉に惑わされることなく、青年部員の力を結集して頑張っていこう」と述べました。30年度計画では、「白神夢大地運動」として青年部員の加入促進による仲間づくりや、次世代へ農業をつなぐために小学生を対象とした田植え、稲刈りなどの体験活動、地域イベントへの参加などを通して、組織の強化・活性化、地域農業の発展に向けて活動することを決めました。
 
前年を上回る実績をあげる
2018-05-15
 菌茸部会(加藤博正部会長)は4月9日に総会を開催し、部会員や町、JAなど約15人が参加し、30年度事業計画など3議案を承認しました。
 29年度実績は、数量こそ計画を下回りましたが、販売金額で1,929千円(計画対比106.5%)、販売単価988円(計画対比117.0%)と高品質な菌茸の出荷により、市場でも高単価で取引され計画を大きく上回りました。加藤部会長は「大きな部会ではないが、昨年はテレビで藤里町の舞茸が放送され、知名度も上がったと思う。今年も高品質な菌茸の安定生産をし、計画達成に向けて力を合わせて取り組んでいこう」と呼び掛けました。
 
新たな体制で30年産米に取り組む
2018-05-15
 稲作部会(堀内直富久部会長)は4月11日に総会を開催し、部会員やJAなど約30人の参加のもと、29年度事業報告や30年度事業計画、役員改選などについて協議を行いました。
 事業計画では、健苗コンクールや視察研修、食味官能コンクールの実施などを盛り込み、管内水稲栽培の技術向上を図り、高品質・良食味米の生産を目指すことを誓い合いました。また、役員改選では部会長に鎌田文尋さん(上母体)、副部会長には堀内直富久さん(駒形)、加藤正徳さん(熊の岱)がそれぞれ選任されました。
部会長、副部会長を除く役員の方々は以下のとおりです。
監事=工藤武一郎、茂呂 誠、飯坂 幹雄
会計=大塚 忠之、七尾 辰美、安保 広政
 
健苗作りに向け巡回で管理指導
2018-05-15
 JAでは水稲育苗の初期生育の確認や農家からの相談に応えるため、4月23日から5月2日までの7日間に渡って、管内3地区で苗代巡回を行いました。
 JAの営農指導員と山本地域振興局職員が、生産者と共に育苗ハウスを巡回して、床土や苗の状態、温度管理等について細かく確認、指導しました。巡回した営農指導員からは「苗は順調に生育しているが、向こう1ヶ月は気温が高く、日照時間は平年並みと予想されている。高温性の病害であるリゾーブス菌や細菌病等に注意し、栽培基準に基づいた適切な管理に努めてもらいたい」と呼び掛けました。

あきた白神農業協同組合
秋田県能代市富町2番3号
TEL.0185-52-5191
FAX.0185-52-9648
Email:jaakitashirakami
       @shirakami.or.jp
─────────────
◆白神山地について
白神山地は秋田・青森県境にまたがる世界第1級のブナの原生林です。

平成5年12月、日本ではじめてユネスコの「世界自然遺産」に登録されました。ブナの落ち葉は腐葉土となり、豊かな森をはぐくみ、そこから流れ出る川は大地を潤し、私たちに四季折々の恩恵をもたらしてくれます。

<<あきた白神農業協同組合>> 〒016-0816 秋田県能代市富町2番3号 TEL:0185-52-5191 FAX:0185-52-9648